言葉に触れることで私たちは成長する【言葉選びが重要】

今回は言葉選びがあなたの人生を決めているという斬新な分野を少しお話ししていきます。私は何か発言をするときは言葉をしっかりと選ぶように気をつけています。身近なものだけに知らないうちに言葉の影響を私たちは無意識的に受けている可能性があります。

身近な言葉をというものがどんなものなのかを簡単かつ分かりやすい感じでお話ししていこうと思います。

世の中は言葉が先で行動が後から付いてくる

この世の中は言葉が先行で行動があとから付いてくるような仕組みでできています。まずは言葉を発することからがスタートということです。

綺麗になりたい!!

・ダイエットしよう

・フェイシャルしよう

・エステにいこう

・運動しよう

・ネイルにいこう

「綺麗になりたい!!」と発することで「じゃあどうすれば綺麗になるのかな?」となって行動がおきます。

飛行機を作りたい!!

・どうすれば空を飛べるのかな?

・設計は?

・構造は?

「飛行機を作りたい!!」と発したから協力してくれる人がたくさん出てきて今私たちは空を飛ぶことができるようになっています。

月にいきたい!!

・どうすればいい?

・ルートは?

・構造は?

「月にいきたい!!」と発した人がいたから協力者が現れて人類は月に行くことができました。

実は発することが現実に起こすために必要な第一歩なんですよ。

今、日本では『人工流れ星を作りたい』と発した人がこんなことを始めています。

人生に及ぼす言葉の力とは?

言葉は耳から脳に伝達している

みなさんが言葉を発する時に気をつけないといけないことは、自分の耳にも自分が発した言葉は入ってきているということです。耳から入ってきた言葉は脳に届きます。耳から入ってきた言葉がいい言葉ならあまり問題はありませんが、もし悪い言葉だと自分で言って自分に返ってくるという負の連鎖が始まってきます。

脳は固有名詞がわからないので、

〇〇は本当に気が利かなくてダメだな!

っていうとすると、

脳は固有名詞が理解できていないので、

本当に気が利かなくてダメだな!

って自分が言われたという勘違いを起こしてしまいます。

自分で自分のことをダメだなってけなしているのと同じことになります。

言葉選びに気をつけたほうがいいこと

プラス言葉

プラスの言葉を発することはすごくいことがたくさんあります。

先ほども紹介したように脳は固有名詞がよく分かっていないので、

〇〇さんっていつも綺麗で羨ましいわ。

って発言することで、

いつも綺麗で羨ましいわ。

と言われたと脳は認識するからです。

なんかだんだんと面白くなってきましたか?

相手を褒めることは自分を褒めることと同じだということなので、明日からはたくさんの人(自分)を褒める言葉をたくさん使ったほうがいいってことですね。

マイナス言葉

反対にマイナスの言葉を使うことで、

あまりマイアンス面は書きたくないので少し手を抜きますが…

マイナスを発するとマイナスが自分に返ってきますよ…。

 

ついつい使ってしまった時はどうすればいいのかもご紹介しますので安心して下さいね。ついつい相手(自分)にマイナスの言葉を使ってしまったら、

3秒ルールが効きます。
すぐに相手のことを3つ褒めるとチャラになります。

慣れない間は難しいと思いますが、コツコツ発する言葉がプラスになるように頑張りましょう。

人生が楽しくなる言葉に出会う

人生が楽しくなる言葉をたくさん使うといいと思いますよ。基本的には日常の中では感謝の言葉や思いやりの言葉、褒め言葉、などを意識しながら発言するといいと思います。どんなに嫌いな相手にも頑張っていいところを探す練習にもなりますし取り入れてみるといいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました