器の大きさは他人が決める!人間的な器を大きくする8つの方法とは?

こんな人にオススメの内容になっています。

  • 自分に自信が持てない
  • 他人からの目が気になる
  • 大きな人間になりたい
  • 器の広げ方が分からない

今回の話の内容はこちらになります。

君子は和して同ぜず、

小人は同じて和せず

<孔子>

 

この名言の意味は、

「優れた人物は、人と協調するが主体性を失わない。

しかし、小人物は、表面では同調するが心から親しくなることはない。」

という感じでしょうか。

表面だけ調子を合わせて、影では批判をしているような人が豊かな人生を歩めるとは思えません。

成幸とは、自分自身の器の大きさによって、手にすることができるかどうかが決まるのだと思います。

「どうしたら成幸できるか」を考えるのではなく、「どんな人になること」で成幸の人生を掴めるかが大切なのです。

では器の大きな人とはどんな人でしょうか。

器の大きな人は、自分の過ちを素直に認めます。

器の大きな人は、他者の失敗を責めず、解決策を考えます。

器の大きな人は、自分の感情をコントロールできます。

器の大きな人は、いつも上機嫌です。

器の大きな人は、突発的なアクシデントに冷静に対応します。

器の大きな人は、他人の意見を受け入れられます。

器の大きな人は、褒め上手です。

器の大きな人は、常にポジティブシンキングです。

まだまだ、たくさん書くことが出来そうですが、このくらいにしておきましょう。

器の大きさとは、他者が判断することです。

あの人は器の大きな人だ。そんなふうに評されるためには、日々の言葉遣いや表情から見直す必要がありそうです。

そして、人の目を気にすることなく堂々と、世のため人のためにエネルギーを使うこと。

いつも笑顔で堂々と、です。

あなたはどんな人になりたいですか?

みなさんは「自分がどんな人になりたがっているのか?」ということを考えたことはありますか?

  • 頼られる人
  • かっこいい人
  • 可愛い人
  • 面倒見がいい人
  • 何でもチャレンジする人
  • 面白い人
  • 優しい人

こんな人になりたいということに答えはありません。

あるのは憧れだけです。

憧れがあるから目標ができ、目標があるから計画があり、計画があるから行動ができるということです。

憧れた自分とはどんな自分ですか?また、憧れの自分になる為には何が必要ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました